プロの業者に剪定作業を依頼したらどんな作業をしてくれるの??

効率よく草取りや抜根や剪定を行って、腰痛をケアしよう!

腰痛持ちの人の代わりに行う剪定作業

庭木の選定作業を業者に依頼したいと考えている方は、どのような作業を行ってくれるのかを知っておきましょう。

剪定の種類

刈り込み剪定
一本一本ではなく一気に枝や茎を切る作業のことを刈り込み剪定と言います。刈り込み剪定では、球形や角形などのハッキリとした形に仕上げることができます。透かしの効果は薄いので、うっそうとしている印象がありますが、目隠しをする効果などがありますので周囲からの目線をふさぎたい時などに適している剪定です。
枝透かし剪定
不要な枝を取り除いていく作業のことで、枝や葉が生い茂って密集している木を適度に透かしてスッキリとした印象になります。木々が生い茂っていると風当りや日当たりが悪く害虫が発生するリスクが高まります。枝透かしをすることで、風当りや日当たりが良くなり中枝の古死を防ぎます。また、害虫の発生を抑制することもでき、樹木の健やかな成長を促します。
枝おろし剪定
太い枝の幹を付け根の部分から切り落とすという剪定で、枝が密集して細かい枝葉が交錯するようになった時に行われます。移植をする際に根っこを切断することがありますが、その際に枝おろし剪定を行い大きな枝を切ってバランスを整えて活着を良くするということもあります。

腰痛持ちでもできる剪定

剪定

剪定というと大きな剪定ばさみを持って枝葉を切っている作業をイメージする方も多いですが、剪定はそれだけではありません。樹木の栄養を奪ってしまう咲き終わった花や枯れ葉を取り除く、花がら摘みや小葉かきといった作業も大切な選定作業の一つです。腰痛を持っているけど、できることは自分でやりたいと考えているのであればこのような選定作業を行いましょう。

TOPボタン