自分で草取りを行う人は必見!~腰痛リスクの軽減アイデア大公開~

効率よく草取りや抜根や剪定を行って、腰痛をケアしよう!
草刈り

草取りはやり方次第で腰への負担を軽減させられますので、腰痛を悪化させたくない方は負担を減らす方法を知っておきましょう。

腰に負担をかけない方法

抜く前に庭に水を散布してから作業をします (40代/男性)

草取りをする際に、土が乾燥していると抜くのに力がかかってしまいます。ちょっとした違いですが、積み重なると大きな違いになるので、雨が降った後に作業をするようにしています。なかなか雨が降らない時は、予め庭に水を散布しています。土を柔らかくなって、根っこが抜きやすくなって楽ちんですよ。

草取り用の椅子を購入しました (50代/女性)

草取りの時に中腰になる姿勢がすごくつらかったんですよね。足腰が疲れて何度も作業を中断しないといけませんでした。友人から草取り用の椅子があるということを聞き、少しでも作業を楽にしたいと思って購入しました。腰を下ろせる背の低い椅子があるだけで、作業がうんと楽になりました。車輪がついているので移動もすごく手軽です。

しゃがまずに草取りができる道具があります (50代/男性)

草取りって結局、腰をかがめて作業をするからきついんですよね。ネットで調べてみたら、立ったまま雑草を取れる便利なものが売っていたので試しに購入してみました。身長に合わせて長さを変えられて、自分の一番楽な長さで作業が出来るので、腰の負担が一気に減りました。アルミパイプなので重さもなく、腕が疲れないという点も気に入っています。

草取りを依頼しておけば後は楽です

草取りをサポートする道具も数多く販売していますので、自分に合っているものを上手に使えば作業の負担は軽減しそうです。とは言え、際限なく生えてくる雑草を処理する煩わしさが無くなるわけではありません。アフターケアがしっかりしている草取り業者に依頼すれば、庭のお手入れが非常に楽になりますので、時間を賢く使って体の負担を減らしたい方は利用しましょう。

TOPボタン