抜根のリスクについて知らないと、腰痛以上に痛い目に遭いますよ。

効率よく草取りや抜根や剪定を行って、腰痛をケアしよう!

抜根は腰痛がなくても危ない作業?

庭の古株を取り除きたいと考えている方は、抜根を行う際に生じるリスクについて知っておきましょう。腰痛を持っていない方でもプロの業者に依頼する方が無難です。

抜根が危険な理由

何故抜根が危険なのか教えてください
知識がない方が抜根作業を行うことで、住環境全体が著しく悪化してしまう可能性がありますので絶対にオススメできません!庭の下には住宅の基礎となっているコンクリートや、水道パイプなどがあります。木の住宅の基礎や水道パイプと絡んでいることがあり、無理に抜根を行うと傷つけてしまう可能性があります。住宅の基礎が傷つくと住宅の耐久性が著しく低下してしまいますし、水道パイプを傷つけると自分だけでなくご近所にも大迷惑です!
業者では危険な場合どのような方法で抜根しますか?
プロの業者でも、根っこが建造物や住宅設備に複雑に絡み合っている場合は抜根作業をすることができません。しかし、そのような場合は特殊抜根という作業を行っています。特殊抜根は木の根っこを駆らせるという作業なので、建造物や住宅設備を傷つけずに抜根を行うことができます。枯れるまでには一定の時間がかかりますが、刈れると根っこや切り株がスカスカになり容易に抜根作業を行うことができるようになります。

まとめ

自分の体や自宅に悪影響があるならまだしも、周囲にも迷惑をかけるリスクがありますので、ご近所トラブルに発展しないために、腰痛じゃない方でも業者に依頼するようにしましょう。

TOPボタン