業者に草取り・抜根・剪定を依頼すれば腰痛知らず!

効率よく草取りや抜根や剪定を行って、腰痛をケアしよう!

庭の手入れは腰痛が悪化する危険がある

庭の手入れは腰を曲げながら行う作業が多いため、腰痛を持っている方が行うと悪化してしまいます。

それぞれの作業と腰痛の関係

草取り
庭に生えた雑草を抜く草取り時には、中腰になったりかがんだりといった姿勢をとりますので、腰に大きな負担をかけてしまいます。健康な方でも慣れない草むしりの作業を一日やっていると、腰に疲労が蓄積して腰が痛くなってしまいます。そのため、腰痛持ちの方の場合はさらに深刻な症状を引き起こすこともあり、ぎっくり腰になってしまうと日常生活が送れなくなります。
剪定
剪定ばさみを持って高所などの剪定作業をするのは大変大きな危険を伴います。急に突風が吹いて転落事故を起こしてしまう可能性がありますので、十分に注意をする必要があります。また、剪定ばさみはサイズが大きく重量もあるため、筋肉や関節に負担がかかります。長時間に渡って作業をしていると腱鞘炎になってしまうこともあります。
抜根
木の根っこごと取り除く作業を抜根と言います。土の奥深くまで根っこを張っている場合だと、抜根作業にはかなりの労力がかかってしまいます。また、中腰になって力を入れる作業は腰にとって最も負担のかかる作業ですので、腰が心配な方は自分では決して行わないように注意しましょう。

草取りや伐採は業者に相談

草刈り

庭のお手入れをする際にかかる体への負担を軽減したいなら、業者に依頼しましょう。業者が行ってくれる作業は下記のとおりです。

業者なら庭をキレイにしてくれます

草刈りだけでなく草取りも受け付けています (手入れ業者)

草刈りをしても根っこは土の中に残っていますので、比較的短期間で雑草が生え揃ってしまいます。雑草が生えるのを遅らせたいのであれば、根っこから雑草を抜き取る草取りを行う必要があります。草抜きをする面積が広ければ広いほど体力が要りますので、負担になってしまいます。専門の業者に依頼すれば草抜きも行っていますよ。

剪定を行えば邪魔な枝や病気の枝もスッキリできます (手入れ業者)

剪定を行うことで邪魔な枝を取り除き見た目をすっきりさせられますし、病気の枝や老化した枝なども切って若く健康な枝に更新できます。剪定は枝ぶりを考えながら樹形を整える必要がありますので、誰にでも簡単にできるわけではありません。たまに自分で行っている方もいますが、決して見栄えがいいとは言えない出来栄えですので、やはりプロの業者に依頼するのがオススメです。

邪魔な切り株も抜根して撤去できます (手入れ業者)

抜根を行わずに放置をしていると、新芽が生えて木が成長してしまい、地表部の隆起を引き起こしてしまうこともあります。木が大きく地中深くまで根を張っている場合はパワーショベルなどの機材がないと不可能です。我々のような庭の手入れ業者に相談していただければ、このような抜根作業もお手伝いしています。

まとめ

庭のお手入れは様々な作業があり、体への負担だけでなく事故のリスクがあります。特にお年寄りなどは危険性が高いので、安全に庭を綺麗にするためにも業者に依頼するようにしましょう。

TOPボタン